カードローンの勉強部屋は

カードローンの勉強部屋は、銀行カードローンや消費者金融カードローンの金利や限度額、メリット・デメリット、審査申込の注意点、などなどカードローンの豆知識を掲載しているサイトです。


カードローンは銀行にすべき?消費者金融?それぞれのメリットとデメリット

最近ではカードローンを利用している人は10人に1人以上といわれ、以前に比べると私たちにとってより身近な存在となってきているといえます。カードローンを利用する人の目的もさまざまで給料日前に少し足りなくなった生活費を補うために少額借りるといったこともいれば、急な大きな出費をまかなう為に数百万という額を借りるということもあります。 ローンといえば住宅ローンや事業用ローンなどがありますが、カードを使って融資を受けるものをカードローンといいます。カードローンの場合は無担保で利用目的も自由なので他のローンと比較するとお手軽なイメージがあります。カードローンには大きく分けて2種類、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンとがあります。どちらのカードローンにもそれぞれメリットとデメリットがありますので、ご自分の目的や状況に合わせてどこのカードローンを利用するかを決めると良いでしょう。

銀行系カードローンのメリット

金利が低い

消費者金融系では18%ほどの金利のところが多いのに対して、銀行系は平均して15%ほどの金利です。中には4%というところもありますから圧倒的なメリットといえます。借り入れ期間が長い場合や借り入れ金額が大きい場合は金利の低さはカードローンを選ぶ際の大きなポイントとなります。

総量規制の対象外

消費者金融などの貸金業には年収の3分の1までの貸付しかできないという規制があります。しかし銀行は貸金業ではないため、この総量規制の対象外となります。ですから例えば年収が150万円の人が50万円以上の借り入れを希望する場合は、銀行系のカードローンの利用を考えられると良いでしょう。

限度額が高い

総量規制の影響もあり消費者金融の限度額は低めのところが多いのに対して、銀行系は多いところで800万円の限度額を設定しているところもあります。審査が厳しいという一面はありますが、高額の借り入れが可能なのは大きなメリットといえます。

銀行という安心感

消費者金融で融資を受けるというとなかなか敷居が高いという方もいらっしゃいます。しかし、普段からよく取り引きをしている銀行だと安心して利用できるという方も多いかもしれません。

利用できるATMが多い

コンビニなどのATMはもちろんのこと提携銀行のATMも利用できるため、ご自分の生活圏の中で便利に利用することができます。

銀行系カードローンのデメリットト

審査に時間が掛かる

消費者金融系は即日融資ができるところが多いのに対して、銀行系は2、3日審査に時間が掛かるといわれています。またその銀行に口座があることが条件のところが多いため、もし口座を持っていらっしゃらない場合は口座を作るところからはじめる必要があるため時間が掛かります。

審査が厳しい

借入限度額が高い分、消費者金融に比べて審査が厳しいといわれています。しかし、銀行口座を持っていて取り引きの実績がある場合などは審査に通りやすくなることもあるようです。消費者金融系で審査に落ちても銀行系で審査に通ったというケースもありますから一概にはいえないところもあります。

消費者金融系のメリット

融資が早い

審査が30秒というところもあるほど、ほとんどの消費者金融系の会社で即日融資が可能となっています。急な出費で借入が必要になった場合はとても便利です。ネットで申し込み実際に店舗に赴くという方法で一番早く融資を受ける事が可能です。急いでいる方にとって最大のメリットです。

審査が通りやすい

銀行系が審査が厳しいのに対して、アルバイトやパートの方でも審査に通りやすいと定評があります。審査に通るか心配だという方はまずは消費者金融系のカードローンを試してみられると良いかもしれません。

無利息キャンペーンがある

多くの消費者金融系の会社で初めての借入の際などに利用できる7〜180日間無利息キャンペーンというものがあります。銀行系は金利が低いといわれていますが、この無利息キャンペーンを利用するとお得に借入をすることができます。

お得なポイント制度

利用した金額に応じてポイントが貯まるという制度を導入している会社もあります。貯まったポイントは支払い時に発生する手数料などの支払いに利用することができますから、定期的に利用される場合は知っておきたい特典です。

在籍確認が書類のみでよいところがある

誰にも知られることなく融資を受けたい方にとってネックとなるのが、会社にかかってくる在籍確認の電話です。できれば避けたいという方も多いはず。一部の消費者金融系の会社では50万以下と少額の場合に、社員証や健康保険証などの書類だけで在籍確認が済むというところがあります。

消費者金融系のデメリット

金利が高い

銀行系の金利が4〜15%ほどなのに対して消費者金融系は18%の金利としているところがほとんどです。長期の借入や高額な借入の場合はこの金利の差がデメリットとなります。

総量規制

貸金業法により収入の3分の1以上の借入ができません。ですから高額の借入を希望される際は消費者金融系のカードローンは不向きといえます。

※上記のカードローンでお金を借りる際の基礎知識は、以下のサイトを参考にさせていただきました。
http://xn--king-z63cuoha8c7859bdkzh.net/
お金を借りるKINGというサイトです。

カードローンを選ぶ際にはまずなぜお金が必要なのかその目的をはっきりさせましょう。そしてどれくらいの金額をどれくらいの期間借り入れるのか計画を立てましょう。 それに基づいて借入金額や借入期間に応じて発生する金利を考えて、銀行系のカードローンにするのか消費者金融系のカードローンにするのかを決めましょう。また現在既に借り入れている総額も考慮しましょう。これは審査の通りやすさにも影響してきます。 銀行系にするか消費者金融系にするか決まったら、それぞれの中からどの会社のカードローンするかを決めます。会社によって金利も様々ですし、融資までの期間も様々です。ご自分の返済計画で一番お得なものを選びましょう。 また、ご自分の生活圏内に返済可能なATMがあるかどうかも大きなポイントです。ATMに行くのが難しいという方はネットで返済可能な会社を選ぶこともできます。 手軽に利用できるカードローンですが「借金」であることには変わりがありません。本当に必要なときにだけ、しっかり返済の計画を立ててから利用するようにしましょう。

当サイトのコンテンツを無断でに利用しない事!